Noritake

Noritake

MENU

ABOUT NCA

沿革

1963年(昭和38年) わが国最大の規模を持つ研削研磨メーカー株式会社ノリタケカンパニーリミテドの全額出資による研磨布紙製造を目的に、日本コーテッドアブレーシブ株式会社を資本金6,000万円で設立。
1964年(39年) 米国カーボランダム社と研磨布紙製造に関する技術提携をおこなう。
1965年(40年) 資本金2億4,000万円に増資、工場完成とともに試運転を始める。
資本金を5億4,000万円に増資。
営業運転を開始。
1966年(41年) カーボランダム社が資本参加する。
1967年(42年) 研削材でわが国最大の規模を持つ昭和電工株式会社が資本参加する。
1971年(46年) 事業目的に研磨布紙に関する機械器具の製造販売繊維加工品の製造販売およびテープ類の製造販売、繊維加工品の製造販売を追加する。
1972年(47年) 粘着テープの販売を始める。
1973年(48年) 石川県志賀町に、能登工場の建設着工。
1974年(49年) 能登工場完成、操業開始。
1976年(51年) 能登工場第二期工事完成。
1983年(58年) カーボランダム社の持株をノリタケカンパニーリミテド、昭和電工が買い取り二社の合併会社となる。
1990年(平成 2年) 能登工場第三期工事完成。
1998年(10年) ISO9001認証取得。(JQA-2253)
昭和電工株式会社の持株をノリタケカンパニーリミテドが買い取りノリタケカンパニーリミテド100%の会社となる。
1999年(11年) 資本金を4億5,000万円に減資。
2000年(12年) ISO14001認証取得。(JQA-EM0872)
2001年(13年) 社名を株式会社ノリタケコーテッドアブレーシブに変更。
2003年(15年) 創立40周年。
SCA(タイ合弁会社)操業開始。
2005年(17年) TPM優秀賞受賞。

当ウェブサイトでは、お客さまによりよいサービスをご提供するため、Cookieを使用しています。
Cookieを無効にする方法を含め、当社のCookieの使用については「個人情報保護方針」をお読みください。

OK