Noritake

MENU

NEWS

ニュース

ワタノハスマイル展~子ども達が作った復興のオブジェ展~ 開催

ノリタケの森ギャラリー(名古屋市西区)にて、来週2月19日(火)より「ワタノハスマイル展」を開催しますのでお知らせいたします。

「ワタノハスマイル展」は、2011年3月11日に発生した東日本大震災で被災した宮城県石巻市渡波(ワタノハ)地区の子ども達と造形作家・犬飼ともさんがガレキで作ったオブジェを紹介する展覧会で、ノリタケの森ギャラリーでの開催は今回が6回目となります。

 

作品には子ども達のたくましい想像力とたくさんの笑顔がつまっています。ぜひ多くの方にご覧いただき、東北復興への想いを更に深めていただければ幸いです。

なお、会期中は親子で楽しむワークショップ「ガラクタでオブジェを作ろう」、脚本家の藤井清美さん作・演出の朗読劇「記憶のカケラ 暮らしのカケラ わたしのカケラ」を上演、トークショー「あのときのこと」も開催します。

 

 

◆ワタノハスマイル展 詳細

開催日時:2019年2月19日(火)~24日(日) 10:00~18:00(最終日は16:00まで)
会  場:ノリタケの森ギャラリー 第一展示室 
入 場 料:無料
主  催:ワタノハスマイル プロジェクト
お問合先:ノリタケの森ギャラリー TEL:052-562-9811

◆ワークショップ「ガラクタでオブジェを作ろう」

開催日時:2019年2月19日(火)~22日(金) 10:00~17:00(随時受付)

“みんなのオブジェで展覧会を盛り上げよう!”をテーマに、不要になったオモチャや台所用品などの“ガラクタ”を自由にくっつけて楽しいオブジェを作るワークショップです。

◆朗読劇「記憶のカケラ 暮らしのカケラ わたしのカケラ」

開催日時:2019年2月23日(土) 13:00~、15:00~、24日(日) 12:30~、14:30(各回45分程度)

 

「ワタノハスマイル」展覧会に連動し、プロの俳優とワタノハスマイルでオブジェを作った、大人になった元ワタノハキッズによる朗読劇を上演します。子供たちが作ったオブジェや、子供だからこそ思いついた、いい意味で“でたらめ”な設定を活かしながら舞台化することで、記憶の風化を防ぎ、プロジェクトの進化を目指します。

脚本・演出:藤井 清美

小劇場から大劇場まで様々な舞台作品に脚本家・演出家として携わる。
主な作品に、『3150万秒と、少し』(脚本・演出/銀河劇場)、『旅館華村若女将』(脚本/明治座・御園座)など。ドラマでは『ウツボカズラの夢』(東海テレビ・フジテレビ系)、映画では『るろうに剣心』シリーズなど多数。

 

西村直人
東京都出身。石坂浩二主宰の劇団で基礎を学び、1993年の『レ・ミゼラブル』、『OUR HOUSE』、『AKURO』など数々のミュージカルに出演。近年は、『しゃばけ』などのストレートプレイや、志村けん一座『志村魂』でコメディーセンスも発揮。
主な出演作に、『ラ・パティスリ-』(藤井清美演出)、『WAY OUT』(大塚幸汰演出)、東宝セレソンDX『わらいのまち』(宅間孝行演出)など。

 

小林美江
茨城県出身。06年まで劇団東京ヴォードヴィルショーで活躍。そのほか、演劇ユニット「Beans」(作・演出:ラサール石井)の旗揚げに参加し、星屑の会やこまつ座などのプロデュース公演にも数多く出演。最近では天宮良さんとのフォークデュオ「チークワ」で音楽ライブ活動なども積極的に行う。
主な出演舞台に『居残り佐平次』、『喜劇 地獄めぐり』、東京ヴォードヴィルショー『竜馬の妻とその夫と愛人』『戸惑いの日曜日』、『マジすか学園』、アルカンパニー『家の内臓』、ONEOR8『さようならば、いざ』、こまつ座『たいこどんどん』など。

 

 

◆トークショー「あのときのこと」

開催日時:2019年2月23日(土) 14:00~、24日(日) 13:30~

出演者:犬飼とも(ワタノハスマイル代表)×今井夏帆(ワタノハキッズ代表)

 

※ワークショップ、朗読劇、トークショーはすべてノリタケの森ギャラリー第一展示室で開催。参加費は無料です。

関連リンク



本件に関するお問い合わせ先

株式会社ノリタケカンパニーリミテド 広報室
Tel:052-561-7110 Fax:052-561-9721  Mail:koho@n.noritake.co.jp

 

当ウェブサイトでは、お客さまによりよいサービスをご提供するため、Cookieを使用しています。
Cookieを無効にする方法を含め、当社のCookieの使用については「個人情報保護方針」をお読みください。

OK