企業情報

HOME > 企業情報 > 研究・開発 > 燃料電池

燃料電池

燃料電池/高性能燃料電池用材料

陶磁器製造で培ったセラミックス・金属技術を応用して、固体酸化物形燃料電池(SOFC)や固体高分子形燃料電池(PEFC)用の材料や部品を開発。電気的な特性や材料の組成あるいはナノサイズまでの大きさの制御など、様々な角度からの研究開発を進めています。SOFCやPEFC、家庭用、産業用の他、自動車用への普及が見込まれており、これら燃料電池に使われる材料は、さらに広い領域で応用される可能性を秘めています。

ノリタケのSOFC部材

画像説明

CO2フリーSOFCを実現

AFCHP2-J.jpgのサムネール画像ノリタケは、カーボンを含まないアンモニア(NH3)を直接燃料とすることができる世界で初めて開発されたカーボンフリー燃料の直接供給型燃料電池用部品(アンモニア燃料電池用セラミックスセルおよび封止ガラス)を開発いたしました。

従来の水素供給型の燃料電池では、一般的に都市ガスから製造した水素を燃料とするため、その過程で二酸化炭素が発生するという課題がありました。アンモニア(NH3)を直接燃料とすることができるアンモニア燃料電池の心臓部品の開発を行い、CO2フリー発電につながるカーボンフリー燃料の直接供給発電を世界最大規模で実現しました。例えば、風力発電や太陽光発電で得た電気を、アンモニア燃料に変換して貯蔵・輸送することもできますので、将来的には当該燃料電池を使用することで、完全にCO2フリーのエネルギー社会を実現することも可能となります。
本研究の一部は、総合科学技術・イノベーション会議のSIP(戦略的イノベーション創造プログラム)「エネルギーキャリア」(管理法人:JST)によって実施されました。

image008.jpg

この研究に関するお問い合わせ

【開発・技術本部】

 

TEL:0561-34-5111   FAX:0561-34-4997

 

お問い合わせ


ページトップへ