企業情報

HOME > 企業情報 > 研究・開発

研究・開発

お客様の未来のニーズを見据え、さらなる技術の研鑽に挑戦し続けます。

ノリタケの技術のルーツは、100年前に洋食器の製造技術を確立したことに遡ります。
その当時の「美しく白い精緻な磁器をつくりたい」というものづくりにかける熱い情熱は、現在まで脈々と受け継がれており、セラミックスの色々な特性を引き出す取り組みを続け、新しい商品を世界中に送り出して来ました。
これからも、常に時代の先端を見つめながら、世界中のお客様が求める技術と商品の開発に取り組んで参ります。

研究開発棟
   研究開発新棟

 研究・開発

太陽電池製造関連技術

結晶系太陽電池製造分野において、材料、加工工具、製造設備などを開発しています。

固定砥粒研磨工具

高精度・高効率加工と環境負荷の低減を両立させた研磨工具の開発を行っています。

多孔質セラミックス

セラミックス材料中の孔(あな)を利用して様々な機能を持たせる『多孔質セラミック材料』の研究・開発を行っています。

食器加飾技術

確かな品質と感性豊かなデザインを求め、新材料や新技術開発を行っています。

ナノマテリアル

ナノ粒子の特性を活かし、エネルギー・触媒・医療などの分野に応用する 研究を進めています。

燃料電池

陶磁器製造で培ったセラミックス・金属技術を応用して、SOFCやPEFC用の材料や部品を開発しています。



体制

開発・技術本部と事業部の技術部門を両輪として技術開発と商品開発に取り組んでいます。さらに、大学や外部研究機関、国家プロジェクトと積極的に連携して、先端的な技術開発にも挑戦しています。

開発・技術本部の役割

  • セラミックスに関する要素技術の深耕と拡大と新たな事業分野の商品開発
  • 分析技術、解析技術の深耕と拡大
ページトップへ