企業情報

HOME > 企業情報 > 森村グループについて > 森村グループの沿革

森村グループの沿革

日本陶器合名会社森村グループの歩みは、1904年(明治37年1月)、日本陶器合名会社 (のち日本陶器(株)、現在(株)ノリタケカンパニーリミテド)が森村組の創業者らによって設立されてからであり、その後、1917年(大正6年5月) に、同社の衛生陶器部門を分離して東洋陶器(株)(現在、TOTO(株))が、ついで、1919年(大正8年5月)に碍子部門を分離して日本碍子(株) (日本ガイシ(株))が設立されました。
同じ年(大正8年5月)に、大倉陶園(現在、(株)大倉陶園)、1924年(大正13年2月)には伊奈 製陶(株)(現在、(株)INAX。平成13年10月、トステムと統合)が、その後も1936年(昭和11年9月)日東石膏(株)(1985年(昭和60 年6月)ノリタケカンパニーリミテドに合併)、同年10月、日本特殊陶業(株)(日本ガイシNGK点火栓部門等より分離独立)などが設立され、こんにちの森村グループの基礎が形成されるにいたりました。

森村グループの沿革略図

沿革略図

「森村市左衛門の無欲の生涯」出版

森村市左衛門の無欲の生涯1998年の4月、草思社から砂川幸雄著「森村市左衛門の無欲の生涯」が出版されました。

森村グループ形成の裏には、いったいどんな秘密が、どんな歴史があったのか。グループ形成の核になった森村市左衛門とは、いったいどのような人物で、どのような社会的貢献をした人なのか。

これまで一般にはほとんど知られていなかったその崇高な精神と卓越した経営手法とおどろくほど強靭な生き方とが、具体的に生き生きと描かれています。

定価2,000円


ページトップへ