HOME > 見る >  ノリタケの森ギャラリー

ノリタケの森ギャラリー

陶芸、絵画、彫刻などすべてのアートを身近に楽しんでいただく、みなさまのスペース。有名作家の個展から市民の美術展まで、幅広い方々に作品発表の場を提供しています。アートとの気軽な出会い、発見がここから。

 

展示をご希望の方はこちらをご覧下さい。

出展者募集

営業時間

10:00~18:00(催事最終日は16:00閉館)

お問い合わせ

TEL 052-562-9811

ノリタケの森ギャラリー・スケジュール

只今開催中の展示

沼本三郎 墨で描くパリの光と影

20150728numamotosaburo 

沼本三郎氏(千種区在住)は、武蔵野美術大学日本画科卒業。
フランス各地をスケッチし、スケッチを元にパリの街並みや教会、聖堂を墨絵作品にて発表。制作材料として中国の清・明の時代の貴重な古墨を使用し、パリの聖堂や教会、町並みを墨絵や日本画で表現した作品、50号~SM約30点を展示いたします。
是非ご高覧下さい。

  • 2015年7月28日(火)~8月2日(日)
  • 会場:ノリタケの森ギャラリー 第二展示室
     

クリックすると出展者からのメッセージをご覧いただけます。

鵬志堂イサムの世界

 20150728hoshidodm

新城に庵を構え、自然の中で自然に近い器を作り続ける鵬志堂イサム氏。
今回は抹茶茶碗を主に、使っていただける食器など約80点を展示致します。
どうぞご高覧ください。

  • 2015年7月28日(火)~8月2日(日)
  • 会場:ノリタケの森ギャラリー 第一展示室
     

クリックすると出展者からのメッセージをご覧いただけます。

今後のスケジュール

和紙「掌の記憶」~LINE~

20150804kanodm 

愛知県豊田市下仁木町(旧小原村)在住の和紙工芸作家“かのうともみひさし”による和紙の作品展です。

「掌の記憶」~LINE~というテーマで、和紙作品と和紙素材をあわせて150点ほど展示いたします。120cm×210cmの大きな和紙から、葉書大サイズのものまで、又、和紙パネル作品も展示いたします。
和紙による空間をご覧頂き、そして手にとって味わってみてください。お待ちしております。

 

 

  • 2015年8月4日(火)~8月9日(日)
  • 会場:ノリタケの森ギャラリー 第一展示室
     

クリックすると出展者からのメッセージをご覧いただけます。

竹内豊明 陶展

20150804takeuchi 

平安時代から焼きに使用されてきた「古常滑土」を使い作陶しています。
原初の釉薬の成立を促した、樹やワラの灰を使った「灰釉」で緑や白、黄色に輝く色付けを施しています。今回は、手びねりのオブジェ風大物花器から日常的に使用する食器など、約140点を展示致します。釉薬の輝きと古常滑土の土味をご鑑賞下さい。
 

  • 2015年8月4日(火)~8月9日(日)
  • 会場:ノリタケの森ギャラリー 第二展示室
     

クリックすると出展者からのメッセージをご覧いただけます。

屋根裏工房×5展

20150811yaneura 

屋根裏工房とは、公募展に属さない無所属作家たちの集団です。今回は、創立会員5名による発表です。まだ発展途上の会ですが、5名の作家たちは熱いハートで制作を続けて参りました。どうぞ暑い時期ではありますが足をお運びくださいますようご案内申し上げます。 
 

<出品作家> 
伊藤 憲志(アクリルアート)  岩田 忠夫(風景写真)
早瀬 聡美(陶磁クラフト)   前原 文行(旧車イラスト)
松永 知久(洋画膠絵)

  • 2015年8月11日(火)~8月16日(日)
  • 会場:ノリタケの森ギャラリー 第一展示室
     

クリックすると出展者からのメッセージをご覧いただけます。

岡井大介 Wood Work展 ~木と人がつながるカタチ~

20150811okaidm 

常識や固定観念を取り去ってみると、新しい楽しみが待っていたりするものです。
“ネクタイが木で作られている”そんな楽しみをお伝えする展覧会です。
着色をしていない自然の木の色を組み合わせ、様々な模様を作り出しています。
襟付きシャツはもちろん、Tシャツやニットなど、色々な洋服に合わせて使って頂けます。
身に付けると楽しい気分になる新しいアクセサリーを是非、お楽しみ下さい。お待ちしております。
 

  • 2015年8月11日(火)~8月16日(日)
  • 会場:ノリタケの森ギャラリー 第二展示室
     

クリックすると出展者からのメッセージをご覧いただけます。

市川浩代展

 20150818ichikawadm

学生時代から「青」を主調とするテーマで作品を制作してきました。その主題から海景が主となりました。絵画技法のための習作と作品—テンペラ、混合技法、油彩、蠟画など4号から100号までの作品群、美術解剖学を学ぶためのデッサン、基礎造形研究のための人体デッサン、リトグラフ、スペインの風景を水彩・グワッシュで描いた小品等、約70点を展示いたします。是非ご高覧ください。

 

  • 2015年8月18日(火)~8月23日(日)
  • 会場:ノリタケの森ギャラリー 第一展示室
     

クリックすると出展者からのメッセージをご覧いただけます。

阿曽 藍人 展 「circulation/土の速度」

20150818asorandodm 

土がやきものになるまでのプロセスには様々な時間がある。
掘る、乾く、砕く、浸す、乾く、焼く… 
ではそれ以前、以後にはどんな時間があるだろう。
土の速度に身を委ねてみると、異なる世界が見えてきそうだ。
そして土を焼く、ということを今一度考えてみたい。

阿曽藍人の世界でお待ちしております。

 

  • 2015年8月18日(火)~8月23日(日)
  • 会場:ノリタケの森ギャラリー 第二展示室
     

クリックすると出展者からのメッセージをご覧いただけます。

AUTOMOBILE ART EXHIBITION 2015

 20150825automobiledm

海外ではアートの一分野として高い評価を受けているオートモービルアート。
デジタル全盛の日本では最近アナログによる作品達に触れる機会が少なくなってきました。そんな折、東海地区のアーティスト7人によるアートエキシビジョンが開催されます。
フォルム、構造、その時代背景をアーティストの感性で表現しています。またその表現方法は様々です。透明感と実車以上の光沢感が表現された水彩画、当時のレースシーンを偲ばせるモノクロの版画、アニメのワンシーンを思わせるイラスト、陶器のオブジェや精密なモデルカー、立体感のある切り絵等の作品を展示します。
また作品だけではなく、製作過程の展示やグッズもあります。クルマを新しい視線でお楽しみください。お待ちしております。

*8月30日(日) Classic Car Festival開催

 

  • 2015年8月25日(火)~8月30日(日)
  • 会場:ノリタケの森ギャラリー 第一展示室
     

クリックすると出展者からのメッセージをご覧いただけます。

記憶の風景 下総しげお 作品展

20150825shimofusa 

少年の頃のなつかしい風景・おばあちゃんのお話しの中の風景・ふらり立ち寄った旅先での風景。
時として、その時の風の音・温度・声なども思い出します。そんな記憶のシーンを身近にある材料を使い、表現した作品を約80点展示いたします。
東濃の作家 下総しげおワールドをお楽しみください。お待ちしております。

 

  • 2015年8月25日(火)~8月30日(日)
  • 会場:ノリタケの森ギャラリー 第二展示室
     

クリックすると出展者からのメッセージをご覧いただけます。

開館カレンダー
クラフトセンター…10:00~17:00 キャンパス…10:00~17:00 ショップ…10:00~18:00 ノリタケの森ギャラリー…10:00~18:00 セラボ…10:00~18:00 レストラン・ランチ…11:30~14:30・ディナー…17:30~22:00
  • 災害時の開館について
  • アクセス
  • 施設内マップ
  • 駐車場

ノリタケの森を知ろう

  • ウェディング
  • フォトウェディングプラン
  • ノリタケ アーティストクラブ会員制教室
    体験講座のご案内
  • ノリタケの森 生き物図鑑
  • Google ストリートビュー in ノリタケの森

おすすめコンテンツ

  • 最高峰のコレクションを展示しています Masterpiece Collection
  • ノリタケ食器 Online shop
  • ノリタケキッズ
  • パンフレットのダウンロードはこちら
  • ノリタケの森 モバイルサイトQRコード アドレス:http://www.noritake.co.jp/mori/mobile/
  • 外部サイトへリンクします。
  • 愛知産業観光NAVI

    愛知県の他の産業観光施設をご覧頂けます。

  • 名古屋観光情報 名古屋コンシェルジュ

    名古屋の観光情報サイトです

  • トリップアドバイザー

    ノリタケの森の「お客様の声」はこちらから