HOME > 見る >  ノリタケの森ギャラリー

ノリタケの森ギャラリー

陶芸、絵画、彫刻などすべてのアートを身近に楽しんでいただく、みなさまのスペース。有名作家の個展から市民の美術展まで、幅広い方々に作品発表の場を提供しています。アートとの気軽な出会い、発見がここから。

 

展示をご希望の方はこちらをご覧下さい。

出展者募集

営業時間

10:00~18:00(催事最終日は16:00閉館)

お問い合わせ

TEL 052-562-9811

ノリタケの森ギャラリー・スケジュール

只今開催中の展示

堀井隆・倫子 陶芸展

 20160621horiitakashidm

ノリタケの森にて10回目を迎える展覧会、動物をモチーフとしたRhytonシリーズ、光と影を線描で刻み込んだ器などを展示いたします。皆様のご来場をお待ちしております。


<堀井隆 作品メッセージ>
Rhytonは、主に古代ペルシアや古代ギリシャなどで、儀式や祭りにおいて注入孔から注ぎ入れた酒を他の容器に注ぎ分けるのに用いられた。
古代の人々は、Rhytonを通った酒、ワインなどは神聖な力が宿ると信じられていた。
現代に作られるそのカタチは、どんな力をあたえてくれるだろうか。

<堀井倫子 作品メッセージ>
器や小舟を作りながら、その内側に意識を内包している「人」だと思って作っています。
時を経ても生々しく感動する作品に出会うと、その時代の意識を鮮明に形にして今に届けてくれた事に一番感動しています。自分という小舟に乗せているものが、強く輝いて、鮮やかに、自分や誰かに届いていく事を願って、作り続けていきたいです。

 

  • 2016年6月21日(火)~6月26(日)
  • 会場:ノリタケの森ギャラリー 第一展示室
     

クリックすると出展者からのメッセージをご覧いただけます。

シャドーボックス展示会 七つの星が集う時 ~2nd grace~

20160621shado 

シャドーボックスとは、17世紀のヨーロッパで生まれ、その後アメリカに伝わった3Dペーパークラフトです。
5~10枚の同じ絵柄のプリント(紙)を使用し、必要なパーツをペンタイプのカッターで切り抜き、特殊な糊で立体的に貼り重ねます。
今回は、たくさんの星の中から巡り会った7名(ななつぼし)の出会いを機にそれぞれが活躍する3都市(京都、名古屋、大阪)で合同作品展を開催する事になりました。活動拠点の異なる7名の織り成す3Dの世界をどうぞお楽しみください。
 

  • 2016年6月21日(火)~6月26(日)
  • 会場:ノリタケの森ギャラリー 第二展示室
     

クリックすると出展者からのメッセージをご覧いただけます。

今後のスケジュール

鵬志堂イサムの世界 ~写真家 八木祥光(遠州灘)・陶 鵬志堂イサム~

20160628hoshidodm 

鵬志堂イサムの世界、とタイトルを名打ってオコガマシイことなのですが、ここ30年の間に私が陶を生業(なりわい)と成せたのも、多くの方々に陰での御力添えによって出来たことで、言葉では言い表せないことと、心より感謝いたしております。
今回、私が焼き物を生業とする機会(個展)を与え育んで下さった、写真家 八木祥光氏 (故 志な様 故 立子様)にお礼、感謝の思いを込め、ご無理を言ってイサムの世界に参加して頂くことになりました。

多くの皆様のご来場を心よりお待ち致しております。

 

  • 2016年6月28日(火)~7月3(日)
  • 会場:ノリタケの森ギャラリー 第一展示室
     

クリックすると出展者からのメッセージをご覧いただけます。

山口典利先生とNSDTの仲間たち

20160628yamaguchinsdtdm. 

山口典利先生とNSDT(名古屋写真大好き友の会)の仲間たちの写真展です。
是非ご高覧ください。

出展者
山口典利  くうきびと  丹羽直樹  木村準
川島英嗣  三浦雄一  谷口桃子  坂井佑妃
まつやまみどり  他若干名 

 

  • 2016年6月28日(火)~7月3(日)
  • 会場:ノリタケの森ギャラリー 第二展示室
     

クリックすると出展者からのメッセージをご覧いただけます。

東海在住日本写真家協会会員による第11回東海メンバーズ企画展「愛」

 20160705jps

今年も、この時期に恒例となった東海在住の日本写真家協会会員の有志による写真展を開催致します。
今回は、日々の生活や仕事の中で撮影者が「愛」をもって接っしている「ヒト・モノ・コト・バショ」を思い思いの「写真」で表現し出品致します。
さまざまなジャンルの写真家がそれぞれ表現する「愛」。どうぞお楽しみください。

出展会員
石川裕修   加藤智充  川島英嗣   木村一成
五木田友宏  細野龍彦  小玉亘宏   白井厚
スギ☆カナ  鈴木一生  鈴木智明   塚本伸爾
中川幸作   服部辰美  原田佐登美  夫馬勲
松成由起子  松原豊   三澤武彦   水谷積男
村山直章   森田廣実  山口典利   山口政宣

 

  • 2016年7月5日(火)~7月10日(日)
  • 会場:ノリタケの森ギャラリー 第一展示室
     

クリックすると出展者からのメッセージをご覧いただけます。

阿曽藍人 展

 20160705asodm

「土を焼く」というやきものの成り立ちを意識して作品をつくっています。
現代の空間に古くて新しい、物質の奥深さを表現できたらと思います。
ぜひ、ご高覧ください。

 

  • 2016年7月5日(火)~7月10日(日)
  • 会場:ノリタケの森ギャラリー 第二展示室
     

クリックすると出展者からのメッセージをご覧いただけます。

クラフトデザイナー中部創立20周年記念展 Vol.3「ハチャメチャにつくる・楽しくつかう」

 20160712curaft

クラフトデザイナーによって、様々な素材(陶磁、金属、木、テキスタイル、ガラス、籐、七宝など)で作られたクラフト作品。
今回は「ハチャメチャにつくる・楽しくつかう」ということで、既存の概念にとらわれない新しいクラフト、未来のクラフトを、積極的に提案します。是非ご高覧ください。

出品者
あさくらやよい 江村和彦 大塚くるみ 小椋正明
加賀千珠子 加賀友博 加藤つばさ 河村尚江
亀井龍二 小牧佳寿代 酒井崇全 栄木正敏 鈴木裕子
長井千春 中村幸人 成田幸子 林孝子 日比野靖
伴野紀之 本多潔 桝田有香 松井智子 水野誠子
宮野美樹 森明宏 森尚子 安井桂子 山本とし子
李末竜 釆睪真澄
 

  • 2016年7月12日(火)~7月18日(月)
  • 会場:ノリタケの森ギャラリー 第一・二展示室
     

クリックすると出展者からのメッセージをご覧いただけます。

孵化展

20160720fuka1

岐阜県多治見市に陶磁器意匠研究所という機関があることをご存知でしょうか。
毎年、約20名の焼き物の道を志した若者が、2年間の研究を経て卒業していきます。
その卒業生である20名の若い陶芸家が集まり、今回で10回目となった「孵化展」を開催いたします。
孵化したばかりの彼らですが、日々焼き物と向き合いながら、少しずつ成長していきます。
そんな彼らの作品を是非一度ご覧ください。お待ちしております。

出品者
なかひらりえこ  山田茉莉  犬童南佳子  浅井万貴子
加藤智恵美  加藤好康  水谷恵美  小黒ちはる 松本侑子
松田絵里加  金谷琴絵  吉野徹  谷沢みな美  永草陽平
板屋成美  篠原悠希  成瀬厚介

 

  • 2016年7月20日(水)~7月24日(日)
  • 会場:ノリタケの森ギャラリー 第一展示室
     

クリックすると出展者からのメッセージをご覧いただけます。

服部陽一 陶芸展

20160720hattori 

会社退職後、常滑の教室に通い充実した日々を過ごしてきました。
拙い作品ではありますが、御高覧下されば幸いです。
 

  • 2016年7月20日(水)~7月24日(日)
  • 会場:ノリタケの森ギャラリー 第二展示室
     

クリックすると出展者からのメッセージをご覧いただけます。

AUTOMOBILE ART EXHIBITION 2016 #11 オートモービルアート展

20160726am1 

今年で第11回目を迎える「乗り物」をテーマにした「オートモービルアート展」です。
東海地区の作家を中心に、関東からもゲストをお迎えし、2006年から始まりました。
「オートモービルアート」は、20世紀後半に花開いた自動車産業と共に育まれ、海外では熱心なコレクターが存在する美術のいちジャンルです。
日本でも自動車産業の盛んな愛知、「ノリタケの森」の地で、文化や美術としての「乗り物」の一面を見て感じて貰えればとの願いから始まった展示会です。
出展作品は、イラスト、版画、模型、写真、切り絵、陶芸と、様々な技法で表現された「乗り物」です。
車を愛する方はもとより一人でも多くの方のご来場をお待ち申し上げております。

2016メンバー
藍原康雄  稲垣利治  大内誠   小島豪
小出茂鐘  斎藤勉   柴田賢二  高木松寿
棚瀬和重  松岡正記  馬場和実  牧田哲明
村瀬誠   山田ジロー

 

  • 2016年7月26日(火)~7月31日(日)
  • 会場:ノリタケの森ギャラリー 第一展示室
     

クリックすると出展者からのメッセージをご覧いただけます。

竹内豊明 陶展

20160726takeuchi 

 手元に初めて粘土に触れた頃の作品があります。ゴツゴツした石の表面を土に押し付けて模様にし、大きく歪めた花器です。作為丸出しの作品です。

 作品展などで、とても均整がとれ、どこから見ても完成度が高い作品を見ると心から感服してため息がでます。本当に素晴らしいと思うのです。

 でも、手元の自分の初期の作品を見ると、私の傾向は初めから変わっていないように感じます。私は今も形を歪ませたり、引っ掻いたり、ひび割れをいれたり、石をいっぱい土に混ぜ込んだりしたくなります。そうすることで、製作中の私は何かほっとするのです。

 今回、約100点の花器、食器を展示いたします。とても拙い作品ですが、ご高覧下さい。私の独りよがりの作品が他の人の目にどのように映るのか、是非ご感想やご意見をお聞きしたいです。

 

  • 2016年7月26日(火)~7月31日(日)
  • 会場:ノリタケの森ギャラリー 第二展示室
     

クリックすると出展者からのメッセージをご覧いただけます。

開園カレンダー
クラフトセンター…10:00~17:00 キャンパス…10:00~17:00 ショップ…10:00~18:00 ノリタケの森ギャラリー…10:00~18:00 セラボ…10:00~18:00 レストラン・ランチ…11:30~14:30・ディナー…17:30~22:00
  • 災害時の開園について
  • アクセス
  • 施設内マップ
  • 駐車場

ノリタケの森を知ろう

  • ウェディング
  • フォトウェディングプラン
  • ノリタケ アーティストクラブ会員制教室
    体験講座のご案内
  • ノリタケの森 生き物図鑑
  • Google ストリートビュー in ノリタケの森

おすすめコンテンツ

  • 最高峰のコレクションを展示しています Masterpiece Collection
  • ノリタケ食器 Online shop
  • ノリタケキッズ
  • パンフレットのダウンロードはこちら
  • ノリタケの森 モバイルサイトQRコード アドレス:http://www.noritake.co.jp/mori/mobile/
  • 外部サイトへリンクします。
  • 愛知産業観光NAVI

    愛知県の他の産業観光施設をご覧頂けます。

  • 名古屋観光情報 名古屋コンシェルジュ

    名古屋の観光情報サイトです

  • トリップアドバイザー

    ノリタケの森の「お客様の声」はこちらから

  • Nagoya Free Wi-Fi

    ノリタケの森でNAGOYA Free Wi-Fiがご利用いただけます。