HOME > お知らせ > 単分散可能なチタン酸バリウムフィラー開発のお知らせ~光学用途への広がり~

単分散可能なチタン酸バリウムフィラー開発のお知らせ~光学用途への広がり~

2018年02月13日

株式会社ノリタケカンパニーリミテド

株式会社ノリタケカンパニーリミテド(代表取締役社長:小倉 忠、本社:名古屋市西区)は、単分散が可能なナノサイズ(50~400㎚)の粒径を持つ球状のチタン酸バリウム(BaTiO3)フィラーを開発いたしました。

市場環境と開発経緯

チタン酸バリウムは、高い比誘電率を持つことから積層セラミックコンデサ(MLCC)などの電子部品の材料として使用されています。一般的に粒子は細かいほど凝集するという性質があります。また、従来のチタン酸バリウムは、大きい粒子を砕く製法が主であるため、粒径が揃わず混ぜにくいという課題もありました。(図A参照)
今回開発した粒子は、液相法※1で生成されているため球状で粒径も揃っています。1番の特長は、表面に極性溶媒になじみやすい高分子(ポリビニルピロリドン)を被覆※2することで単分散が可能となった点です。この技術は、シリカや酸化チタンへの応用も可能です。

※1 液体から結晶または固体状成分を分離する製法
※2 特許取得


A.jpg
【図A】

光学用途への広がり

反射防止膜などの光学用途では酸化チタンが多く使われていますが、触媒反応による樹脂の劣化の問題がありました。チタン酸バリウムは触媒反応がなく、ナノサイズの粒径で大きさも揃っていることから、酸化チタンの代用品として光学用途への広がりが期待できます。

製品の特長

①扱いが容易(図B)

水やエタノールに良好に分散。また、環境や人体に無害なポリビニルピロリドンを被覆しているため安全です。

②球形で大きさが均一(図A)

狭い粒子径分布で変動係数は10~20%です。

③酸化チタンの代用

触媒反応がなく、光学用途への応用が可能です。

 

graph.png
【図B】 液中の分散分布表

本件に関する問い合わせ先

株式会社ノリタケカンパニーリミテド
経営管理本部 広報室
TEL: 052-561-7110 / FAX: 052-561-9721 / E-mail: koho@n.noritake.co.jp

ページトップへ