旅行会社・報道関係者・学校関係者様

共有する Share

CLOSE

見る To see

見る

ノリタケの森ギャラリー

小出芳弘 陶展

開催日:2020年4月7日(火) ~ 2020年4月12日(日)

 常滑焼は、千年の歴史を持っています。室町時代以前と江戸時代以降では、土も窯も異なります。
 室町時代以前の常滑焼製品は、古常滑と呼ばれ、土は丘陵地から採取される山土といわれる砂分の多い土を使い、窯は丘陵地に横穴をうがち、焚口前部に分炎柱を設けて高温の得られるようにした、いわゆる穴窯と呼ばれるものでした。

 私は、若い頃、古常滑に強くひかれ、当時と同じ山土を使い、レンガで築いた穴窯で、古常滑焼を現代によみがえらせようと40数年、作陶を続けてきました。
 毎年、春、ノリタケの森ギャラリーで作品の発表をしてきました。今年も是非、御高覧の上、ご批評ください。

 協力出品:挿花 斎田月紅

 陶歴:日本伝統工芸展
    日本陶芸展

 現在:日本工芸会 正会員
    陶房 小出庵


開催概要

期間
2020年4月7日(火) ~ 2020年4月12日(日)
会場
ノリタケの森ギャラリー 第一展示室

 

Event Calendar

< 前月
2020年 4月
次月 >
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
  • ・・・イベント日
  • ・・・休園日
  • (休園日は各施設とも休館します)