旅行会社・報道関係者・学校関係者様

共有する Share

CLOSE

見る to see

見る

クラフトセンター・ノリタケミュージアム

クラフトセンター・ノリタケミュージアム Craft center & Noritake museum

1・2階 クラフトセンター 陶磁器の美を見て、知って

ボーンチャイナはどのようにしてつくられるか、ご存知ですか。クラフトセンターはボーンチャイナの製造工場です。
生地の製造から絵付けまで、ノリタケの技と伝統を間近でご覧いただけます。

3・4階 ノリタケミュージアム ノリタケの美と伝統に出会えます。

明治から昭和初期までに製造されたノリタケ製品「オールドノリタケ」や「画帖(がじょう *デザイン画)をはじめ、
数々のテーブルウエアを展示しているミュージアムです。
3階には企画展示コーナーもあります。※ノリタケミュージアムはクラフトセンター入館料でご覧頂けます。

クラフトセンター・ノリタケミュージアム概要

営業時間
10:00~17:00
入館料
※クラフトセンター・
ミュージアム共通

・大人・・・ 500円

       団体割引: 30名様以上450円 100名様以上400円

・高校生・・・ 300円

       団体割引: 30名様以上 270円 100名様以上240円

・中学生以下の方・・・ 無料

・障がい者手帳をお持ちの方・65歳以上の方・・・ 証明書のご提示により無料

※障がい者手帳をお持ちの方1名につき、介助の方1名無料

・トヨタ産業技術記念館との共通入場券大人800円もあります。

お問い合わせ
TEL 052-561-7114

フロアガイド

1階 クラフトセンター 生地製造工程

1階 クラフトセンター 生地製造工程
1階 クラフトセンター 生地製造工程
1階 クラフトセンター 生地製造工程

「原型製作」から「釉焼き」まで、流し込み成形による生地製造工程を紹介しています。

2階 クラフトセンター 画付工程

2階 クラフトセンター 画付工程
2階 クラフトセンター 画付工程
2階 クラフトセンター 画付工程

熟練の職人による素描(すがき *ハンドペインティング)の実演など様々な絵付け作業をご覧頂けます。

3階 ノリタケミュージアム

3階 ノリタケミュージアム

3階展示室では、1904年日本陶器創立以降、工業製品として作られた食器を中心に展示しています。
ノリタケはこれまでに様々なデザインや素材開発を行ない多くのディナー皿を製造、世界の食卓を彩ってきました。工業製品として作られた食器には、当時の時代背景や市場のニーズが反映されています。ディナー皿とともにその時代に起きた歴史的、社会的出来事もキャプションでご紹介していますので、大正から昭和、平成のデザインの流れを世相とともに辿ることができます。また、様々な碗皿を展示したコーナーや、テーブルセッテングなど、ノリタケ食器のデザインをお楽しみいただけます。

3階 ノリタケミュージアム
3階 ノリタケミュージアム
3階 ノリタケミュージアム

4階 ノリタケミュージアム

4階 ノリタケミュージアム

4階の展示室では豪華で煌びやかな「オールドノリタケ」や「画帖(デザイン画)」を展示しています。
2013年の改装時に新たに 独立型の展示台を設け、大花瓶などを全方向から鑑賞いただけるようになりました。「オールドノリタケ」の魅力を存分にご堪能ください。

4階 ノリタケミュージアム
4階 ノリタケミュージアム
4階 ノリタケミュージアム

ノリタケミュージアム 現在公開中の企画展

ノリタケミュージアム企画展「NORITAKE on the GREEN」

golf

期間 : 2018年9月4日(火) ~ 2019年9月1日(日) 

日本で初めて、神戸・六甲山にゴルフ場ができたのは1901年のこと。この頃はまだ外国人中心のスポーツだった。そんな中、日米を行き来する機会の多い森村組(※1)の幹部たちは、日本人としては早い時期にゴルフに触れていた。

森村組はゴルフと縁が深く、森村市左衛門(※2)が創立の支援を行った日本女子大では、1904年の体育大会の競技でゴルフが行われている。また、市左衛門の息子・開作は1913年に当時の各界指導者らが集まり設立した、国内初の日本人によるゴルフクラブ「東京ゴルフ倶楽部」の中心的人物であった。1922年に日本人用として整備が始まった、程ヶ谷カントリー倶楽部設立の際には、その資金集めに大きく貢献、日本のゴルフの黎明期を切り開いたひとりでもある。当時ゴルフは上流社会のスポーツとして流行し始めていた。森村組の輸出品にも、戦前からゴルフをモチーフにした陶磁器が存在している。

1957年の中村寅吉選手のカナダ・カップ(現・ワールドカップオブゴルフ)獲得を機に、日本でゴルフブームが起き各所に練習場ができたが、パブリック・コースはまだ少なく会員制で費用がかかるため、一般には贅沢な遊びと思われていた。1960年代後半になると国内のゴルフ場建設が進み、大衆のスポーツになっていく。やがて、レジャーへの関心の高まりや、ビジネスツールとしての利用により、競技人口は増加。このブームに合わせ、ノリタケでは陶磁器やクリスタル製のトロフィーをはじめ、フィギュアリン、飾皿など多くの関連商品を製造した。その後、競技人口がピークを迎えた90年代には、トーナメントに協賛し副賞商品として製品の提供を行うこともあった。

今回はゴルフフィギュアリンやゴルフ場を描いた記念の飾皿、トロフィー、灰皿など、約50点を展示する。

※1 森村組は1876年創業の商社。現在の森村商事㈱。当初は日本の雑貨を扱っていたが、後に陶磁器を主力商品とした。輸出用の洋食器製造のために、1904年「日本陶器(現:ノリタケカンパニー)」を設立する。
※2 森村組の創業者。外貨を得て国益を図ることを目的に森村組を創業した。

「NORITAKE on the GREEN」チラシ

 

Event Calendar

< 前月
2018年 11月
次月 >
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
  • ・・・イベント日
  • ・・・休園日
  • (休園日は各施設とも休館します)