旅行会社・報道関係者・学校関係者様

共有する Share

CLOSE

見る To see

見る

ノリタケの森ギャラリー

橋寛憲 針金造形作品展 「水生」

開催日:2021年8月24日(火) ~ 2021年8月29日(日)

もう四半世紀も前のことですが、身の丈に合わない理想に傾倒して制作に行き詰まり、
何を作ればよいのかわからなくなった時期がありました。

悩んだ挙句、自分は何がほしいのかと考えて思い出したのは、ある場所の水たまりでした。

小学生の時、家の近所にセイタカアワダチソウの群生する空き地がありました。
道路に面する一角は裸地でトラックが止められ、Uターンの際にはセイタカアワダチを踏み倒して、細長い轍を作っていました。

梅雨の時期、轍には水がたまり、深いところは水深20センチ程にもなりました。
覗き込むと枯れた茎が底に沈み、柱のように乱立し、水没林のようでした。

小さな水没林には多くの水生昆虫が飛来し、小さな生態系を営んでいました。
今では考えにくいのですが、ミズカマキリやタイコウチも見つかりました。
(ゲンゴロウやタガメはさすがに来なかったです。)

日差しの中、覗き込むとミジンコやミズムシ、ヒメゲンゴロウなどの小型の虫が列柱の間を縫って泳ぎ、柱の陰にはミズカマキリやヒメタイコウチの捕食者が潜み、ミズスマシやアメンボが水面を滑る。
たまった雨水は澄んで明るく、水底の隅々まで見渡すことができました。

ふと思い出した、小さな頃に大好きだった光景を、水槽のように切り取って手元に置いておきたい。
昆虫とかカエルとかそういうのが好き、そういうものがほしい。
意味とかどうでもいいので好きなものを作ると、半ば開き直って今につながる作品が生まれました。

今度の個展では、水たまりというミニマムな環境を、会場のところどころに再現できればと思います。
僕の原点ともいえる、小さくて、狭くて、覗き込めば深く、想像は広がる、水生の心象風景。
水中と水面と水上のある空間を楽しんでいただければ幸いです。

    • ミズカマキリ
    • 枝にシオカラトンボ

開催概要

期間
2021年8月24日(火) ~ 2021年8月29日(日)
会場
ノリタケの森ギャラリー 第二展示室

 

Event Calendar

< 前月
2021年 8月
次月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
  • ・・・イベント日
  • ・・・休園日
  • (休園日は各施設とも休館します)