Noritake

MENU

CORPORATE PHILOSOPHY

企業理念

原点~ 創業者から受け継いだ想い

ノリタケの歴史は、今から100年以上前の19世紀後半、
日本が長く続いた鎖国政策を解き、海外との交易を始めたばかりの頃にさかのぼります。
創業者の森村市左衛門は日本の富が国外へ流出していくことに危機感を抱き、
福沢諭吉に助言を求め、国利民福への想いから海外貿易を始めました。

この事業を通して出会ったのが、ヨーロッパの白く美しい陶磁器でした。
「白く美しい精緻な洋食器を日本で作りたい」
森村市左衛門が抱いた想い、そこには事業を通して社会に貢献するという精神がありました。

1904年、現在の本社がある場所に近代的な製陶工場を建設し、本格的に洋食器製造を開始しました。
ディナーセットに不可欠な25cmの皿を焼き上げるには困難を極めましたが
経営陣、技術者が一丸となって研究を重ねた結果
工場建設から10年、ついに日本初のディナーセット「セダン」が完成しました。

セダンの誕生によって、ノリタケは、世界の洋食器ブランドへと発展。
その後、洋食器製造で培った技術を追求し、様々な分野へと事業を広げていきました。

創業者から受け継いだ想い

理念体系

我カ社ノ精神

1909(明治42)年、ノリタケの創業者の一人である森村市左衛門は、企業のあるべき姿を「我カ社ノ精神」として示しました。ここには「共生、共栄」「社会貢献」「信用第一」「清廉、協力」などの大切さがうたわれています。

我カ社ノ精神

社是

1957(昭和32)年「我カ社ノ精神」に基づいて社是を定め、これを実践しています。

社是

ノリタケグループ企業倫理綱領

ノリタケグループでは、全社員が高い志を持ち、自ら節度ある清廉な行動をするための指針としてこの「ノリタケグループ企業倫理綱領」を制定しています。現代社会において良き企業市民として守るべき行動基準や、事業活動を行う上で常に意識すべき「規範」を表したものです。2008年度に、法律改正への対応と組織変更に伴い更新した改訂版(第3版)を発行しました。

ノリタケグループ企業倫理綱領(倫理規範)
ノリタケグループ企業倫理綱領
  • 社是「良品・輸出・共栄」の実践
  • 法令・社会規範の遵守
  • 従業員の人権尊重
  • 地球環境の保全と、ゆたかで住みやすい・地域社会への貢献
  • 株主・顧客・地域社会などへの情報開示

詳しくはノリタケグループ企業倫理要綱(PDFファイル[1.82MB])
をご覧ください。

ノリタケグループ企業倫理綱領1.82MB


ステークホルダー

当ウェブサイトでは、お客さまによりよいサービスをご提供するため、Cookieを使用しています。
Cookieを無効にする方法を含め、当社のCookieの使用については「個人情報保護方針」をお読みください。

OK