Noritake

MENU

ABOUT NORITAKE

これもノリタケ?シリーズ

ダイヤモンドワイヤー編

疾走するダイヤモンド

これは、金色の糸・・・ではありません。
100ミクロン台の細かいワイヤーの表面に、
びっしりとダイヤモンドの細粒が固着されている、
その名も「ダイヤモンドワイヤー」という最新の工具です。
たとえば、太陽電池の基板を作るために材料となる硬いシリコンウェハを
時速60キロで疾走しながら、精密に、無駄なく切り出します。

新エネルギーの分野でも活躍する、
これもノリタケの技術です。

「ダイヤモンドワイヤー」の詳細情報はこちら

  • Share (facebook)
ダイヤモンドワイヤー編

電子ペースト編

太陽電池用のインク

この不思議なインクは、電子ペースト。
金属やセラミックスの微粒子を混ぜ込んだ電子材料で、
素材の配合により、さまざまな特性を持たせることができます。
例えば、クリーンエネルギーとして注目される太陽電池では、
太陽光を受けた基板から電流を取り出す電極に、
ノリタケの電子ペーストが使われています。

新エネルギーの分野でも活躍する、
これもノリタケの技術です。

「電子ペースト」の詳細情報はこちら

  • Share (facebook)
電子ペースト編

焼成炉編

最先端のヒートテクノロジー

洋食器づくりから始まった、ノリタケのヒートテクノロジー。
温度を精密に制御して、高速かつ均一に焼きあげる技術を極めました。
現在では、エレクトロニクス、ディスプレイ分野をはじめ、
急速に普及が進む太陽電池やリチウムイオン電池の
製造工程でも活用が始まっています。

新エネルギー分野でも活躍する、
これもノリタケの技術です。

「焼成炉」の詳細情報はこちら

  • Share (facebook)
焼成炉編

当ウェブサイトでは、お客さまによりよいサービスをご提供するため、Cookieを使用しています。
Cookieを無効にする方法を含め、当社のCookieの使用については「個人情報保護方針」をお読みください。

OK