Noritake

MENU

切断機(シンカットマスター)

NO 01

切断機(シンカットマスター)
スローアウェイ方式の超硬薄丸鋸を採用した超硬薄丸鋸「シンカットマスター」。
高精度切断、歩留向上、鋸寿命工場、騒音低減を可能にする特許技術により、これまで以上に早く、薄く、精度よく切断できるよう、常に進化を続けています。

特許第5996536号

高精度切断

ガイドの間隔を常に狭くすることによって、刃厚の薄い丸鋸を使う際にも、たわみを抑制し、高精度で切断するこができます。また同時に歩留まりも向上しました。(特許第5996536号)

高精度切断

丸鋸は回転しながら材料に切り込んでいきます。(右方向に移動)
ガイドも丸鋸に追従して右方向に移動します。
上のガイドが材料に当たると、そのガイドは材料の外形に沿って上方に移動するため、ガイド間を常に狭い状態に維持し丸鋸のたわみが抑制されます。

特許第5996536号の詳細(PDF:144KB)

この特許を使用している製品を見る

特許第6218699号

歩留向上

シンカットマスターでは、6m程度のビレット材が切断部まで自動搬送。縦横のバイスでしっかりと固定した後、回転する丸鋸が前進移動してカットしています。
従来型では、材料の残りの長さが所定未満となると、送込バイスが材料をつかむことができなくなり、廃棄となっていました。
そこで送込バイスと入側バイスを一体化させ、最後まで材料をつかめるように改良。これにより、さらに材料の切断ができるようになり、廃棄していた残材が削減されました。(特許第6218699号)

歩留向上

切断位置での丸鋸による切断後、材料を送込バイスで掴み、切断長さだけ切断位置方向に送り込む。送込んだ後、入側バイスと出側バイスで材料を掴み切断する。切断時、送込バイスは元の位置に戻る。これを繰り返し、材料を切断していく。

歩留向上

切断を続けていくと材料の長さが短くなりますが、送込バイスは入側バイスと干渉しない位置までしか近づけない為、長い残材が残る。(従来)

歩留向上

入側バイスと送込バイスを一体化し、入側バイスでの材料送りを可能にしました。

歩留向上

入側バイスでの材料送りを可能にした事で、従来は55mm以上の残材が発生していたのに対して、20mmまで削減できました。

特許第6218699号の詳細(PDF:116KB)

この特許を使用している製品を見る

特許第5124552号
特許第5389732号

鋸寿命向上

1)ミスト噴射ノズル

刃部のすくい面に向かって、ミスト噴射ノズル(下図のノズル)を設置。すくい面に付着する切屑の洗浄と材料との間の潤滑を行うことで、丸鋸刃の寿命を長くすることができます。

1)ミスト噴射ノズル

特許第5124552号の詳細(PDF:76.0KB)

この特許を使用している製品を見る

2)材料受け部

受け部の幅を材料より小さくすることにより、受け部の上に切屑が堆積しにくくなりました。それによって切屑による丸鋸刃の損傷を低減できるため、丸鋸刃の寿命も長くすることができます。また、受け部は材料の幅方向に移動可能。棒材のサイズ変更にも対応できます。(特許第5389732号)

2)材料受け部

特許第5389732号の詳細(PDF:156KB)

この特許を使用している製品を見る

特許第5155912号

騒音低減

従来品では、材料を転がしながら送込位置へ供給する際、ストッパに材料が勢いよく当たることによって、大きな衝撃音が発生していました。
そこで、材料供給機構(L字型に構成された高さ基準ローラと横基準ローラ)に材料を配置。
材料供給機構を90°回転させることで、材料を「転がす」のではなく「置く」ことにより、衝撃音を低減させることができました。 また、高さ基準ローラと横基準ローラに接したまま送込位置へ供給されるため、材料の径が変わっても材料の位置の調整が容易となりました。

騒音低減

特許第5155912号の詳細(PDF:172KB)

この特許を使用している製品を見る

当ウェブサイトでは、お客さまによりよいサービスをご提供するため、Cookieを使用しています。
Cookieを無効にする方法を含め、当社のCookieの使用については「個人情報保護方針」をお読みください。

OK