Noritake

MENU

ENVIRONMENTAL ACTION GUIDELINES

環境行動指針

環境ビジョン

ノリタケグループでは、企業における環境問題への取り組みを中長期的な経営課題のひとつと捉え、環境方針および環境行動計画を策定し、環境保護活動を進めてきました。
2016年度からはじまった第10次中期3ヵ年環境行動計画では、従来の取り組み成果を踏まえ、地球温暖化対策、資源循環を目的に温室効果ガスと最終埋立処分量の削減目標を設定しました。また、海外事業への拡大へ対応するため、海外生産拠点での環境マネジメントシステムの導入を進め、法規制への対応と環境汚染リスクの低減を目指しました。

基本理念

ノリタケグループは、創業精神である“良品・輸出・共栄”の理念のもとにものづくりを行う企業として、地球環境の保全を重要な経営課題の一つと位置づけ、事業活動を通じて「持続可能な社会」の実現に貢献していきます。

環境方針

ノリタケグループは、環境保護に関する方針を文書に定め、これを社会に宣言して地球環境の保護活動を推進します。

  1. 環境に配慮した製品・サービスの開発・提供に努めます。
  2. 事業活動のすべてのプロセスで環境負荷の低減に努めます。特に、CO2 発生量の抑制、省資源、廃棄物の削減と
    リサイクルの推進について定めた目標の達成と、有害物質の適正な管理に努めます。
  3. グローバルな視点での環境マネジメントシステムを構築し、環境負荷の継続的な改善に努めます。
  4. 環境に関する法令、条例、その他要求事項を遵守します。
  5. 環境活動に関する情報開示とステークホルダーとのコミュニケーション活動の充実を図ります。

目指す姿

ノリタケグループは、自主的な環境保護活動をグループ一体となって推進し、事業活動において発生する環境負荷や環境リスクの低減を積極的に取り組み、地球環境保護への貢献を目指します。また、環境保護と安定した事業の利益創出を両立させた環境経営を行うことで、ステークホルダーとの共栄を図ります。

2016年度の取り組み

2016年度からはじまった第10次中期3ヵ年環境行動計画では、温暖化対策、資源循環に対して、ものづくり強化活動と連携をしながら、日常業務における「ムリ、ムダ、ムラ」を取り除くことでエネルギー使用量や埋立廃棄物の低減を進めました。また、PCBをはじめとする有害な化学物質の適正な管理と処理を実施するとともに資材に含まれる化学物質の把握を進めました。
しかし、温暖化対策に対しては、計画していた温室効果ガスの削減成果が得られず、目標値を達成することができませんでした。

第10次中期3ヵ年環境行動計画(2016年度の結果及び2017~2018年度の計画)

第10次中期3ヵ年環境行動計画(2016年度の結果及び2017~2018年度の計画)

当ウェブサイトでは、お客さまによりよいサービスをご提供するため、Cookieを使用しています。
Cookieを無効にする方法を含め、当社のCookieの使用については「個人情報保護方針」をお読みください。

OK