Noritake

MENU

NEWS

ニュース

気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)の提言に賛同

 株式会社ノリタケカンパニーリミテドは、金融安定理事会(FSB)が設けた「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」の提言に賛同することを決定しました。

 ノリタケグループは創業精神である‘‘良品・輸出・共栄’’の理念のもとにものづくりを行う企業として、地球環境の保全を重要な経営課題の一つと位置づけ、事業活動を通じて「持続可能な社会」の実現を目指してきました。
 気候変動の影響が年々深刻になる中、ノリタケグループにはその影響を受けても変わらずお客様や社会のニーズに応える製品・サービスを提供していくことが求められています。
 これまで環境との調和を目指してきた当社グループとして、多くのお客様をはじめとしたステークホルダーの皆様への責任を果たすため、TCFD提言に則ってリスク・機会の特定と対応策を検討し、経営に反映いたします。

<TCFD提言に基づく情報開示>
 https://www.noritake.co.jp/company/csr/esg/environment/tcfd/

<TCFDについて>
 TCFD は「Task Force on Climate-related Financial Disclosures」の略で、G20 からの要請を受けた金融安定理事会(FSB)によって2015年12月に設立されたタスクフォースです。2017年6月、気候変動に関連するリスクや機会についての情報開示を推奨する報告書を公表し、世界中の企業や機関がTCFD提言に賛同しています。



当ウェブサイトでは、お客さまによりよいサービスをご提供するため、Cookieを使用しています。
Cookieを無効にする方法を含め、当社のCookieの使用については「個人情報保護方針」をお読みください。

OK