Noritake

MENU

CERAMICS & MATERIALS BUSINESS

セラミック・マテリアル事業

セラミック・マテリアル事業本部長 寄田 浩
セラミック・マテリアル事業本部長
寄田 浩

原材料を砕く、混ぜる、成形する、生地をつくる、絵柄をつける…洋食器製造で培った技術が、幅広い分野で活躍するオンリーワンの材料や部品などを生み出しています。それらの製品が積層セラミックコンデンサなどの電子部品をはじめ、自動車やLED照明、医療機器、表示デバイス、ジェットエンジン等の部品の製造など、さまざまな産業を陰で支えています。


セラミック・マテリアル事業

主要製品

●電子部品原料
 電子ペースト 転写紙 電子部品材料
●セラミック部品原料
 石膏 セラミック原料
●電子部品
 厚膜回路基板 蛍光表示管および同モジュール
●その他
 触媒担体 セラミックコア


TOPICS

高速通信向けの需要拡大を見込み、国内工場の生産能力増強
  • 電子ペースト
    電子ペースト

電子部品である積層セラミックコンデンサはスマートフォンの高性能化と自動車の電動化で需要が拡大しています。セラミック・マテリアル事業では、5GやIoT、遠隔技術の普及と自動車の電動化の発展を見据え、ますます需要の増加が期待される積層セラミックコンデンサの材料である電子ペーストを増産するために、新たな拠点への生産ラインの増設を決定しました。生産ラインはすでに完成し、2020年6月から量産を開始しています。新たな生産拠点へのライン増設は、生産能力を増強するだけでなく、災害時の事業継続計画(BCP)にも寄与します。


2019年度の業績

電子ペーストは、積層インダクタ用新商品が好調でしたが、海外のスマートフォンなど通信機器減産の影響を受けたため、大きく減少しました。電子部品材料は、民生機器用が減少したものの、自動車、通信インフラ用が増加したため、微増となりました。石膏は、アジア向けが増加しましたが国内向けが減少したため微増に留まりました。セラミックコアは、ガスタービン用が伸長しました。蛍光表示管は、北米・欧州で減少しました。触媒担体は、大きく減少しました。厚膜回路基板は、車載用の終息に伴う減少を新用途で補い、横ばいとなりました。これらの結果、セラミック・マテリアル事業の売上高は、322億40百万円(前期比7.4%減少)、営業利益は22億18百万円(前期比39.9%減少)となりました。

中期経営計画の進捗

第11次中期経営計画の下、セラミック・マテリアル事業では主に国内外の生産拠点の増強と市場開拓、競争力のある新商品・新技術の開発に取り組んでいます。電子ペーストや電子部品材料を使用する積層セラミックコンデンサやインダクタといった電子部品の需要は、今後も確実に伸びていくと予想されます。2019年度は、電子ペーストや電子部品材料の増産計画を実行するとともに、国内顧客のシェア拡大と海外の新規顧客の開拓を狙って、新商品の開発に取り組んできました。
ガスタービン部品やジェットエンジン部品の精密鋳造に使われるセラミックコアについても、新たな生産拠点へラインを増設し、2020年秋には生産能力を拡大します。陶磁器、鋳造、建築・土木などに使われる石膏については、タイの子会社の出資比率を高め経営の効率化を進めるとともに、東南アジアにおける需要増加に対応するための製造設備の増設を行いました。

中長期の事業ビジョン

セラミック・マテリアル事業は、ノリタケが洋食器の製造で培った無機材料の粉砕や分散などの高度な技術を核に、情報通信、自動車、建設資材など幅広い市場にトップクラスの品質の製品を提供できることが強みとなっています。多様な市場に通用する製品をもっているということは、社会環境の急激な変化の中で、つねに新たな価値を提供できる技術力があることを示しています。これまでも気候変動や資源の問題で、社会の在り方や規制が大きく変わる局面でも新たな製品を開発し、お客様と社会の要請に応えてきました。セラミック・マテリアル事業の将来像を描く上でも、技術で優位に立つことが基本であり、とくに技術革新のスピードが求められる先端分野でお客様の高度な要求に応え、信頼を獲得し続けることが成長に不可欠だと考えています。そのためにも、お客様との共同開発も積極的に進めています。
現在の海外売上比率は48%(2019年度)です。電子ペーストや電子部品材料の需要が集中するアジア圏のお客様が中心となっていますが、今後は米州、欧州での事業展開を加速し、世界の強豪メーカーとの競争に勝てる製品を開発し、新たな市場を開拓していきたいと考えています。
このビジョンを実現する鍵を握るのが人材育成です。新型コロナウイルス感染症拡大で海外渡航の制限が余儀なくされている現在も、海外拠点では日本人だけでなく、多くの現地スタッフがノリタケの技術と品質を守っています。今後も、グローバルで活躍できる人材を育成し、世界のより多くの市場で勝てる企業グループに進化していきたいと思います。

当ウェブサイトでは、お客さまによりよいサービスをご提供するため、Cookieを使用しています。
Cookieを無効にする方法を含め、当社のCookieの使用については「個人情報保護方針」をお読みください。

OK