Noritake

MENU

ENGINEERING BUSINESS

エンジニアリング事業

エンジニアリング事業部長 前田 智朗
エンジニアリング事業部長
前田 智朗

加熱、混合、濾過、切断の技術を核としたエンジニアリング装置を、自動車、電子部品、化学、医薬、食品などの様々な産業向けに提案し、ものづくりの現場の効率化、省エネに貢献しています。お客様のご要望に合わせた乾燥炉や焼成炉、混合攪拌装置、濾過装置、鋼材の切断機などの開発、設計を行っています。


エンジニアリング事業

主要製品

●高効率焼成炉ローラーハースキルン ●遠赤外線乾燥炉 ●混合攪拌装置(スタティックミキサー等)
●クーラント濾過装置 ●超硬丸鋸切断機等


2020年度の業績

主力の乾燥炉や焼成炉は、コロナ禍における装置据え付け工事の延期および設備投資の抑制により、主要分野向けの売上が減少しました。混合攪拌装置は、食品分野向けは堅調でしたが、化学分野向けが低調に推移しました。濾過装置は、国内では機械部品分野向け大型装置の納入がありましたが、海外の需要が低調に推移し、売上減少となりました。超硬丸鋸切断機は、国内外ともに自動車分野、工作機械分野の低迷により大きく減少しました。これらの結果、エンジニアリング事業の売上高は、187億20百万円(前期比16.2%減少)、営業利益は18億71百万円(前期比28.5%減少)となりました。

中期経営計画の進捗

エンジニアリング事業では、第11次中期経営計画の下、「競争力のある新商品・新技術開発の促進」に取り組んできました。設備の納品には据え付け工事を行う必要がありますが、2020年度前半は海外渡航規制の発令により現地工事ができない事態になりました。また、新商品や新市場の開拓においてもお客様のもとへ出向くことができなかった時期が長期化し、開発、提案活動に遅れが生じました。
事業を上昇気流に戻すべく選択と集中を進め、新商品の開発や既存商品の高付加価値化に取り組んでいます。乾燥炉や焼成炉は、好調が続く電池材料分野および電子部品分野への拡販に注力するほか、自動車分野での新商品開発を推進しています。混合攪拌装置は医薬・化粧品分野へ、濾過装置は自動車部品分野での拡販を行います。超硬丸鋸切断機は、新素材用の開発と建築材料分野に注力していきます。

  • スタティックミキサー
    スタティックミキサー
  • ローラーハースキルン
    ローラーハースキルン
  • クーラント濾過装置
    クーラント濾過装置
  • 食品殺菌装置
    食品殺菌装置
  • ロータリーキルン
    ロータリーキルン
  • 超硬丸鋸切断機(シンカットマスター)
    超硬丸鋸切断機(シンカットマスター)

中長期の事業ビジョン

エンジニアリング事業では、お客様の用途や要望に沿った機械・装置を提供し、様々な産業のものづくりを支えています。焼成炉は、リチウムイオン電池、5G関連材料分野が好調に伸長しており、重点的に技術開発を行っています。愛知県小牧市にある当事業のヒートテクノテストセンターは、お客様から「こういう製品を作りたい」という相談を受け、最適なテスト機を選定し、温度条件や搬送条件などを変えながら検証ができる施設で、こうした開発体制が急速に進化する電子部品分野の技術力を支えてきました。現在も、焼成効率を上げたリチウムイオン電池材料用焼成炉の検証テストを行っています。また、電子部品では積層セラミックコンデンサ(MLCC)の本焼成工程の設備を提供してきましたが、この前後に、脱バイと再酸化という二つの焼成工程があります。この脱バイ、本焼成、再酸化の一連の工程を1台で完遂するシステムを新たに開発中で、すでに検証段階に入っています。さらに、材料不足の懸念などを踏まえ、新たな電池材料への対応も準備しており、今後は、当社にない技術を持った外部機関とも連携し研究開発を積極的に行っていく考えです。
一方、混合攪拌装置については、これまでバッチ処理で行われていたラインを連続式に切り替えることができるフロー合成システムが完成し、主に医薬品、化粧品分野に拡販を行っていきます。これは、昨年開発した超小型のスタティックミキサーを活用し、システム化したものです。他に、微細な泡を発生させるファインバブル発生器も用途開拓を進めています。濾過装置の主力アイテムの一つが歯車研削装置向けです。現在、歯車研削では油性クーラントが主流ですが、当社では環境にやさしい水溶性クーラントに対応した濾過装置を拡販しています。
こういった施策を安定して継続していくためには各産業の製造現場における知見を備えた専門人材が不可欠です。今後も人材育成に一層力をいれていきます。当事業は、つねに未来を見据え、描いたビジョンに向けて、邁進していきます。

TOPICS

世界初、ガス燃焼式リチウムイオン電池電極材用連続焼成炉を開発

ノリタケは、特殊セラミックラジアントチューブバーナを採用した世界初のガス燃焼式リチウムイオン電池電極材用連続焼成炉を開発し、2020年8月より販売を開始しました。この製品は、ノリタケの焼成炉技術と東京ガス・TGESのガス燃焼技術の融合により生まれ、最大40%のエネルギーコスト削減を実現する高効率な加熱装置です。近年需要が高まるリチウムイオン電池電極材の製造工程で、求められる高温度(1,000℃以上)での安定した熱処理を行います。ガス燃焼式による高温焼成の課題を3社の技術を合わせることで解決し、製品化を実現しました。

ガス燃焼式リチウムイオン電池電極材用連続焼成炉(C-SERT-RHK)
ガス燃焼式リチウムイオン電池電極材用連続焼成炉(C-SERT-RHK)

当ウェブサイトでは、お客さまによりよいサービスをご提供するため、Cookieを使用しています。
Cookieを無効にする方法を含め、当社のCookieの使用については「個人情報保護方針」をお読みください。

OK