Noritake

MENU

INDUSTRIAL PRODUCTS BUSINESS

工業機材事業

工業機材事業本部長 東山 明
工業機材事業本部長
東山 明

ものづくりに必要不可欠な「材料を削る・磨く・切る」という工程を世界トップクラスの技術により支える、国内最大の研削・研磨工具の総合メーカーです。グループにはオフセット砥石などの汎用砥石を扱う日本レヂボンと広島研磨工業、研磨布紙を扱うノリタケコーテッドアブレーシブなどが属しており、幅広い製品ラインナップで自動車・鉄鋼・ベアリング・航空機・造船・医療・半導体など様々な産業の発展に貢献しています。


工業機材事業

主要製品

●研削砥石 ●ダイヤモンド工具 ●CBN工具 ●研磨布紙 ●ドレッサ ●研削・研磨関連商品(研削油剤等)


2020年度の業績

主力である国内の自動車、鉄鋼、ベアリング市場において、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う大幅な生産調整が行われ、その影響を大きく受けました。期末に向けて回復基調でしたが、通期で売上が減少しました。海外では、中国で経済活動の再開や需要回復を見込んだ生産増加の兆しが、欧米や東南アジアでは緩やかな回復が見られたものの、通期で売上が大きく減少しました。オフセット砥石などの汎用砥石も国内外ともに減少しました。これらの結果、工業機材事業の売上高は、500億94百万円(前期比14.5%減少)、10億98百万円の営業損失となりました。

中期経営計画の進捗

2020年度のお客様の大幅な生産調整や市況の変化に加え、中長期の市場動向を見据えたうえで、当事業では、製品群ごとの製造から販売までの収支に基づいた各種施策により、収益性の向上を加速しています。国内では、グループ会社も含めた拠点の整備を順次進めていますが、合わせて、汎用品とオーダーメード品という製品の特性から見た事業の見直し、収益改善にも取り組んでいます。一方、海外では、中国・タイの製造ライン立ち上げの対応を一部リモートで行うことなどにより、海外生産拠点の増強を進め、グローバルな事業体制の強化を図っています。

  • 歯車研削用ビト砥石“ギヤエース”
    歯車研削用ビト砥石“ギヤエース”
  • ビトCBN“メガライフホイール”
    ビトCBN“メガライフホイール”
  • ダイヤモンドベルト“アルタ”
    ダイヤモンドベルト“アルタ”
  • 平面研削用砥石“フラッディ”
    平面研削用砥石“フラッディ”
  • 超硬主溝研削用メタルホイール“MDLホイール”
    超硬主溝研削用メタルホイール“MDLホイール”
  • オフセット砥石
    オフセット砥石

中長期の事業ビジョン

次の時代に向け、事業の地盤をしっかりと固め、グループ会社各社とのシナジーを最大限に発揮する取り組みを進めています。また、競争力のある新商品の開発により新分野や拡大分野での市場を獲得することが、中長期的な事業拡大において最も重要な課題であると考えています。
具体的には、2050年カーボンニュートラルの実現という政府方針に対し、生産工程で排出されるCO₂削減へのお客様の関心が高まっていることから、生産性の向上によりエネルギー低減を達成し、CO₂削減につながる商品の開発に力を注いでいます。これは当社が掲げる第11次中期経営計画の中にあるESG(環境、社会、企業統治)への取り組みの強化に即したものでもあります。
特に近年では自動車のEV化が各国で加速していますが、このEV化では燃料が電池へ変わるだけではなく、自動車の軽量化による燃費向上や駆動部品の高精度加工によるエネルギーロス低減などを含めて、CO₂削減を追求していくこととなります。これまで主に内燃機関に関わる研削・研磨工具を提供してきましたが、このEV化の流れに遅れることなく、お客様が生産される部品の特性・形状に求められる新たな商品を提供していきます。
例えば、複数の研削・研磨工程で使用される異なる種類の砥石を一体化することで、駆動部品の加工精度が向上し、エネルギーロスの低減につながる砥石を開発しています。この砥石を使用することで、作業工程を短縮することができ、生産効率の大幅な向上を実現します。この開発は長きに渡って各種砥石を開発・製造し、基礎・要素技術を培ってきた当社だから可能であるものと確信しています。
これまでは、自動車、鉄鋼、ベアリングなどの金属素材に対する研削技術を主としてきましたが、今後は、市場の拡大が見込まれる半導体や通信分野でも重点的に開発を進めます。更なる成長につなげるために、一人ひとりのモチベーションが向上し、能力が最大限発揮できる環境を整備します。そして、ノリタケがこの80年余りにわたって蓄積してきた技術と経験を最大限に生かし、それらのノウハウを後世へ残し、新たな時代に向けた人材育成を行っていきます。

TOPICS

海外生産の拡大 ~中国・タイで設備増強~

中国の則武磨科磨具(蘇州)有限公司の新ライン稼働は新型コロナウイルス感染症拡大の影響により遅れが生じていましたが、7月に稼働開始の予定です。このラインでは世界で需要が拡大している鉄鋼市場向け大型砥石を製造し、中国市場のみならず欧米・インドなどの市場への供給を計画しています。また、タイのNORITAKE SA(THAILAND) CO., LTD.の超砥粒工具(ビトC B N )を製造するラインを増強し、2021年5月より現地で一貫生産を開始しました。これによりビトCBN製品は日本・北米・タイの3拠点で一貫生産が可能になりました。グローバルに生産を展開するお客様に向けて、今後も現地サービス体制の強化を進めます。

NORITAKE SA (THAILAND) CO., LTD.
NORITAKE SA (THAILAND) CO., LTD.

当ウェブサイトでは、お客さまによりよいサービスをご提供するため、Cookieを使用しています。
Cookieを無効にする方法を含め、当社のCookieの使用については「個人情報保護方針」をお読みください。

OK