Noritake

MENU

SAFETY INITIATIVES

安全への取り組み

安全衛生管理体制

ノリタケグループは、安全かつ衛生的で心身ともに健全に働ける快適な職場環境が事業活動の基盤であり、継続的な改善に取り組む責任があると考えています。

ノリタケグループ安全衛生基本方針

ノリタケグループは、そこで働く全ての人の安全と健康を守ることは企業活動の最も重要な基盤であるとの認識の下、安全で快適な働き甲斐のある職場づくりに積極的に取り組みます。

  • (1) 「安全」と「健康」を全てに優先させる。
  • (2) 安全衛生に関する法令と社内ルールを遵守し、安全衛生管理水準の向上に取り組む。
  • (3) 良好なコミュニケーションの維持・向上に努め、全員参加の活動をする。

社長を委員長とした中央安全衛生委員会で、グループ安全衛生基本方針に基づいた年間安全衛生管理目標を設定し、労働災害の防止と従業員の健康維持を目指しています。また、事業所、職場ごとに安全衛生委員会を毎月開催し、労働災害の事例や対策を共有することで、類似災害の防止を図っています。さらに、ノリタケグループにおける安全衛生の心得や作業、業務に対する心構えなどを示した安全衛生手帳を全従業員に配布し、全員参加で安全、安心な職場づくりに取り組んでいます。

安全衛生管理体制図

安全衛生管理体制図

中央安全衛生委員会
中央安全衛生委員会

労働災害の未然防止に向けた取り組み

2022年度は、経営トップ自らが率先して安全衛生活動を実行するため、中央安全衛生パトロールを実施し、職場の安全衛生管理水準の向上を図りました。また、グループ全体の安全衛生意識の向上を目的に、グループ安全衛生推進大会を開催しました。
職場においては、労働災害の発生を未然防止するため、リスクアセスメントに基づいた残留リスク管理や、安全観察による日常管理を推進するとともに、特に発生リスクの高い“挟まれ・巻き込まれ”、“転倒”、“無理な動作”による災害に対して重点的に対策を進めました。
2023年度も、全員参加で労働災害の未然防止活動に取り組み、労働災害“ゼロ”を継続して目指していきます。

  • 日本レヂボン三好工場での中央安全衛生パトロール
    日本レヂボン三好工場での中央安全衛生パトロール
  • 夜須工場での中央安全衛生パトロール
    夜須工場での中央安全衛生パトロール
  • ノリタケグループ安全衛生推進大会
    ノリタケグループ安全衛生推進大会

当ウェブサイトでは、お客さまによりよいサービスをご提供するため、Cookieを使用しています。
Cookieを無効にする方法を含め、当社のCookieの使用については「個人情報保護方針」をお読みください。

OK