Noritake

MENU

PRODUCTS

超音波ドレッシング装置 Sonic Sharpener

研削・研磨関連

テクニカルサポート

超音波によりドレッサ先端を高速振動させ、今までにないドレッシング性能を実現します。ドレッサ寿命や砥石の切れ味、ドレッシング面の精度(真直性)にお悩みのお客様にぜひお試しいただきたい製品です。

主な機能

装置外観

・ドレッサ先端を40kHz以上の周波数で超音波振動させます。
・超音波振動によりドレッサ発熱や摩擦を抑え、ドレッサ摩耗を大幅に削減します。
・軸付きドレッサによるドレッシングで切れ刃を立たせることが困難だった硬い砥石にも良好な切れ刃を生成できます。
・ドレッシング幅が広い砥石でも真直性の崩れが少なく正確な形状にツルーイングできます。

  • サーモグラフィーによるダイヤモンドの発熱測定
  • セラミック(CX)砥粒の切れ刃

特長

■ 砥石切れ味の向上
毎秒4万回の超音波振動で鋭利な切れ刃を生成します。
⇒被削物の研削焼けを抑制

ドレッサの長寿命化
ドレッシング時の摩擦やドレッサの発熱を低減します。
⇒ドレッサ寿命が約2倍に

■ 簡単取り付け
マグネットテーブルへの設置や治具へのボルト止めが可能で取り付けが簡単です。

■ 簡単操作
基本操作はスイッチのON/OFFのみ。誰でも簡単に操作できます。

用途

・セラミック砥石やGC砥石等の高硬度砥石
・センタレス砥石などドレッシング幅が広い砥石

適用事例

適用事例①:CX砥石への適用

【試験条件】

砥石スペック CXZ 120 K 7 V 砥石周速度 30m/s
ドレッシング方式  湿式トラバース ドレッサ
(共に単石タイプ)
超音波なし:LL1S 0803
超音波あり: SS08
加工方式  湿式平面レシプロ 被削物  SUJ-2 (HRc60)
※ドレッシング比=砥石削除量÷ドレッサ摩耗量

 

 

 

 

適用事例②:GC砥石への適用(センタレス研削方式)

【試験条件】

砥石スペック GC 100 I 7 V 砥石周速度 33m/s
ドレッシング方式 湿式トラバース ドレッサ
(共にニードタイプ)
超音波なし:L2T1 0603
超音波あり:SSN2 0603

仕様

 

製品寸法

振動子ユニット:
 Φ68mm×94.5mm(40kHzタイプ)
 Φ68mm×80.5mm(55kHzタイプ)
発振器:218mm×258mm×138mm 

製品重量 振動子ユニット:
0.4kg(40kHzタイプ)
0.35kg(55kHzタイプ)
発振器:4.6kg
作動周波数 40±10kHz (40kHzタイプ)
55±10kHz (55kHzタイプ)
最大振幅(P-P) 10μm(40kHzタイプ)
6μm(55kHzタイプ)
電源 AC100V~AC240V±10% 50/60Hz 対応ドレッサ 専用ソニックドレッサ
SS単石タイプ(SS06,SS08,SS10)
SSニードタイプ(SSN2,SSN3)
最大定格出力電力 50W
付属品 給電ケーブル、マッチングボックス
電源ケーブル、簡易マニュアル、取り扱い説明書

 

当ウェブサイトでは、お客さまによりよいサービスをご提供するため、Cookieを使用しています。
Cookieを無効にする方法を含め、当社のCookieの使用については「個人情報保護方針」をお読みください。

OK