Noritake

MENU

PRODUCTS

超硬主溝研削用メタルホイール(MDL)

研削・研磨関連

テクニカルサポート

MDL

MDLは、ドリル、エンドミルなどの丸物工具の主溝・ギャッシュ研削、研磨加工に適したメタルの高性能とレジンのドレス性を持つ超硬工具研削砥石です。 主溝やギャッシュは、切込みが深く、発熱量が大きい為、耐熱性の低いレジンでは樹脂が軟化し砥粒が脱落する為、切れなくなります。一方、メタルは、耐熱性が高く砥粒の保持ができますが、ドレス性が低い為初期から切味が悪く性能を発揮できない場合が多々あります。 MDLはメタル、レジン両方の利点を持った画期的なホイールです。

特長

  • 他のメタル同様に耐熱性と砥粒の保持力が高い為、切味の持続性が良く磨耗が低減し、高能率加工や修正インターバルの延長が可能。
  • レジン並みにドレス性が良い為、初期より切味が良好で高能率加工が可能。

用途

超硬・サーメットのドリル、エンドミル等の溝研削、刃先研削に最適です。

研削データ

機械 CNC工具研削盤
加工ワーク エンドミルφ20 溝長40mm
ホイール周速度 900m/min
切込み量 3.5mm
送り速度 100mm/min
ホイール(粒度)

SD270

従来レジンSDC270

研削油 不水
加工済みワーク
加工済みワーク
加工時間
加工時間
加工時間の短縮に効果大
目が立つまでのドレス
ドレス量
ドレスが簡単
面粗さ
面粗さ
レジンの置換には細粒化必要
磨耗量
磨耗指数
成形インターバルの延長可能

当ウェブサイトでは、お客さまによりよいサービスをご提供するため、Cookieを使用しています。
Cookieを無効にする方法を含め、当社のCookieの使用については「個人情報保護方針」をお読みください。

OK