Noritake

MENU

PRODUCTS

連続重合反応システム

エンジニアリング

ノリタケ重合反応試験装置は、静的連続塊状重合反応を目的とした試験装置です。管型反応器にノリタケリアクター、フラッシュプレヒーターにSM二重管形熱交換器を用いていますので、連続重合反応のテストに最適なシステムです。

連続重合反応システム

ポイント

  • 重合反応器に二重管形スタティックミキサーを用いていますので、反応系の流れがピストン・フローとなり、滞留時間のバラツキがなく、安定した重合物を得ることができます。
  • 独自のフラッシュプレヒーターにより、伝熱面でのポリマーの劣化(焼け)が防止でき、添加剤(変色改善のためのブルーイング剤等)を減らせる結果が得られています。
  • 脱モノマーが完全で、ストランド切れの減少等の生産安定性も向上します。
仕様例
処理能力 原料流量:1.0ℓ /h(100~150℃)
反応生成物流量(間欠):3.5ℓ /h(100~200℃)
添加剤流量:0.1ℓ /h(常温)
熱媒循環量:100ℓ /h(50~250℃)
ユーティリティー 電源:220V 3相 4kW
寸法・質量 2900L×1400W×2000H(mm)
約800kg

当ウェブサイトでは、お客さまによりよいサービスをご提供するため、Cookieを使用しています。
Cookieを無効にする方法を含め、当社のCookieの使用については「個人情報保護方針」をお読みください。

OK