Noritake

MENU

PRODUCTS

ノードカンサー 低粘度用、高粘度用

エンジニアリング

ノードカンサー 低粘度用、高粘度用

クーラント液の管理不備(使用液の濃度低下など)による液の腐敗、防錆力低下による錆の発生を防ぎ、安定した製品を加工することができます。原液と工業用水を一定の割合で供給することにより安定した希釈液が保たれます。

機能

希釈タンクにはあらかじめ研削液原液と工業用水を使用濃度にブレンドしたものをストックしておきます。
 加工機用濾過タンクの液量が不足すると液面スイッチが検知し希釈タンクより自動で不足した分だけの液をタンクに補給します。補給完了後は電磁弁にて自動停止します。

機能

使用実績

  導入前 導入後
管理 1.1日に1回、加工油原液600mLを加工機クーラントタンクに投入して濃度調整
2.クーラントタンク減量した分を工業用水のみ補給
全自動
削減工数

1.濃度調整

1回/日×3分/台×15台×20日 =15時間(年180時間)

2.補給

2回/日×3分/台×15台×20日 =30時間(年360時間)

トータルで 年間540時間削減
希釈倍率 40~50倍 100倍に自動設定 (加工機械クーラント タンクは40倍)
原液使用量 月間使用量200L 200L=10万円 月間使用量70.5L  70.5L=3.5万円

仕様

  低粘度用 高粘度用
適用原液動粘度 50×10-6m2/s 50~1000×10-6m2/s
希釈範囲 0~100%
希釈供給量(MAX) 5000L/hr(0~5%)
タンク容量(標準) 1000L
電源 AC100/200V 50/60Hz
エアー圧 0.5MPa

当ウェブサイトでは、お客さまによりよいサービスをご提供するため、Cookieを使用しています。
Cookieを無効にする方法を含め、当社のCookieの使用については「個人情報保護方針」をお読みください。

OK