Noritake

MENU

PRODUCTS

サイクロンセパレーター SPC型

エンジニアリング

軽量化を追求した高機能サイクロン式セパレーター

  • SPC30型
    SPC30型
  • SPC10型
    SPC10型
  • SPC5型
    SPC5型

サイクロン式セパレーターの原理

遠心力でクーラント中の粒子を分離し周壁部へ集めます。この粒子は回転しながら下方へ沈殿しリジェクト部より排出されます。

サイクロン式セパレーターの原理

特長

高効率分離

業界No.1の高い分離効率を実現します。

高耐久性のサイクロン部

サイクロン部はステンレスや鋼材より耐磨耗性の優れたナイロン樹脂を採用しました。また最も磨耗の激しいリジェクト部はセラミックスを使用し高耐久性を実現しました。

発泡抑制機構搭載

(特許取得)

独自の発泡抑制機構を搭載し、サイクロン式セパレーターで問題になる発泡を改善しました。

軽量スリムボディ

スリム化と大幅な軽量化に成功しました。

分解点検が容易

本体の分解およびリジェクト部の交換メンテナンスは容易に行えます。

レイアウトの自由度UP

ダーティ液入口とクリーン液出口配管のレイアウトがフレキシブルになりました。

用途

  • 水溶性クーラント中の加工屑及び砥粒の分離
  • クリーンタンクのSS濃度安定化(サルベージ方式で使用)

参考資料

本体型質量 従来型との比較
摩耗特性
発泡抑制機構による効果

分離効率

SPC10型
SPC10型
SPC30型
SPC30型
SPC5型
SPC5型

標準仕様/寸法・重量

SPC10型
SPC10型
SPC30型
SPC30型
SPC5型
SPC5型

当ウェブサイトでは、お客さまによりよいサービスをご提供するため、Cookieを使用しています。
Cookieを無効にする方法を含め、当社のCookieの使用については「個人情報保護方針」をお読みください。

OK